2011/05/16

次期リーダーアンケート調査結果について

先日実施した次期リーダーアンケートの結果について、レポートを作成しました。 「河野太郎氏が最も多く全体の13.4%、次いで橋下徹氏と「いない」が10.1%となった」 (レポート本文より) 詳細はこちらからダウンロードして […]

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 関連書籍・文献

タグ 

2010/09/12

2010民主党代表選アンケート結果について

先日実施した民主代表選アンケートの結果について、レポートを作成しました。 「  民主党の代表選挙に立候補している菅直人氏、小沢一郎氏のうち、どちらの候補者の方が良いかを尋ねたところ、全体では小沢氏が良いと答えた割合が67 […]

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: お知らせ, 関連書籍・文献

タグ 

2010/08/13

「2020年、日本が破綻する日」発刊のお知らせ

2010年8月発売 日経プレミアシリーズ 日本に残された時間は少ない。このままでは十年以内に財政は破綻する。 世に蔓延る楽観論はどこが誤っているのか。日本財政を蝕む危機の本質を わかりやすく解説し、社会保障の抜本改革など […]

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: お知らせ, 関連書籍・文献

タグ 

2010/08/12

日経新聞8月6日朝刊に掲載されました

日経8月6日朝刊、「若者世代、しぼむ受益 負担超過5年で1.8倍」に、 メンバーの小黒一正・一橋大学準教授の試算およびコメントが取り上げられました。 世代間格差拡大の理由は、給付削減も負担増もしないまま、問題を先送りした […]

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 関連書籍・文献

タグ 

2010/07/16

「世代間格差ってなんだ」発刊のお知らせ

世代間格差ってなんだ 若者はなぜ損をするのか? 以下、PHP研究所サイトより ワカモノ党結党宣言! 全国の若者たち、団結せよ。 給与格差9000万円? 高齢者の声に負けるな! どうやら日本の政治には、若者という視点は存在 […]

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: お知らせ, 関連書籍・文献

タグ 

2009/08/13

「Child Benefit and Fiscal Burden: OLG Model with Endogenous Fertility」

現在、次世代支援としての「子育て支援」が注目を集めている。子育て支援は、日本の将来人口動態をどのくらい改善させ、現在世代や将来世代の効用を改善させる可能性をもつのか。以下の参考文献では、人口内生の世代重複モデルをもちいて […]

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 関連書籍・文献

タグ 

2009/08/13

「ギャンブルとしての財政赤字に関する一考察」

現在、日本は膨大な財政赤字を抱えており、財政の持続可能性についての不安も高まりつつある。いま、一単位の財政赤字を発生させた場合、将来の成長率が金利を上回ればその財政赤字(対GDP)は低下するが、逆のケースでは財政赤字(対 […]

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 関連書籍・文献

タグ 

2009/08/13

「経済産業研究所・連載コラム「社会保障の再生に向けて」」

少子高齢化や経済のグローバル化の進展に伴い、財政改革や社会保障の再生は喫緊の課題となっている。だが、現役世代と老齢世代の間では世代間闘争の色彩も帯び、なかなか本格的改革は進捗していない。財政赤字の何が問題で、どうすれば両 […]

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 関連書籍・文献

タグ 

2009/05/11

18歳が政治を変える!~ユース・デモクラシーとポリティカル・リテラシーの構築~

国民投票法の成立によって2010年に成人と選挙権年齢が18歳に引き下げられる。この本では私たちの活動テーマである世代間格差と若者の政治参加、18歳成人・選挙権、政治教育の観点から今日の到達点と課題を明らかにすることで、こ […]

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 関連書籍・文献

タグ 

2009/04/02

たった1%の賃下げが99%を幸せにする 雇用再生へのシナリオ

城繁幸 著 東洋経済新報社 ISBN:4-492-26092-7 C3034 発行日:2009年4月2日 価格:¥1,260(税込) 55万部突破「若者3年」シリーズの著者、待望の最新刊。「超もらいすぎ」の1%を賃下げす […]

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 関連書籍・文献

タグ 


Go Top