2009/08/13

「Child Benefit and Fiscal Burden: OLG Model with Endogenous Fertility」

Child Benefit and Fiscal Burden現在、次世代支援としての「子育て支援」が注目を集めている。子育て支援は、日本の将来人口動態をどのくらい改善させ、現在世代や将来世代の効用を改善させる可能性をもつのか。以下の参考文献では、人口内生の世代重複モデルをもちいて、その効果を分析している。

Oguro, Takahata and Shimazawa(2009)”Child Benefit and Fiscal Burden:
OLG Model with Endogenous Fertility”, IPSS(国立社会保障・人口問題研究所) Discussion
Paper Series 2009-E01

http://www.ipss.go.jp/publication/j/DP/dp2009_e01.pdf


コメントは受け付けていません。


Go Top